1. 送信元の設定を行う


自動送信メールの設定を開くとメールの送信元設定ができます。

送信者名と送信元のメールアドレスをそれぞれ設定可能です。

以下で初期段階でのメールアドレスの設定方法をご紹介します。

1. 送信者名とメールアドレスを登録する

送信者名とメールアドレスに自社で登録したい送信者名とメールアドレスを入力して画面上または下の「保存」をクリックしてください。

2. 登録したメールアドレスに届いたメールを承認する


このようなメールがAWS(Amazonのサービス)から届くのでURLをクリックして承認してください。

⚠️ こちらをクリックした時点で、承認が完了します。 リンクを押すと、Amazonのサイトに飛ばされます。その後、Recustomer管理画面に戻り、リロードすると確認済みになります。

完了すると下記の画像のように確認済み✅ マークがつきます!

3. ステータス別のテキストを編集する


ステータス別のメールテキストとON/OFFを編集することができます。

メール種別のHTML|モバイルは、送信先のドメインによって自動で送り分けされます。キャリアメールにはモバイル版のメールが送られます。

以下に各メールの詳細と設定方法を記載します。

💡 同一の注文番号から同時に複数返品リクエストがあった場合、1通のメールで複数の返品リクエストに対するご案内を送信します。

4. 「保留中」の返信メール

承認保留ステータスの返品リクエストに対して送信されます。

✉️送信されるタイミング

返品の承認方法が手動承認になっていて、購入者が返品リクエストを送信した時

設定方法

①【本文】のタブで保留中メール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【保留中】のタブを開いて、「保留中のタイトル」と「保留中ループ」を設定します。

・保留中のタイトルとは、本文内の| PENDING_TITLE | *に表示するテキストです

・保留中ループとは、複数返品リクエストがあった際に商品ごとに繰り返す内容です。

基本的には、デフォルトで入力してある注文番号と商品名からご変更頂かなくて問題ございません。

5. 「返品リクエスト結果」の返信メール


返品リクエストの承認/拒否の結果をお知らせするメールです。

✉️送信されるタイミング

返品リクエストの承認結果を選択する方法が手動or自動承認で、管理画面で返品リクエストを承認または拒否した時

設定方法

①【本文】のタブで保留中メール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【承認済み】【返品拒否】【カスタマー処分】それぞれのタイトルとループを設定します。

ループとは、複数返品リクエストがあった際に商品ごとに繰り返す内容です。

基本的には、デフォルトで入力してある注文番号と商品名からご変更頂かなくて問題ございません。

6. 「返送済み」の返信メール


購入者から返送された商品の到着を確認した際に送信されます。

✉️送信されるタイミング

管理画面の返品リクエスト詳細画面で「返送を確認」をクリックした時

設定方法

①【本文】のタブで返送済みメール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【返送済み】のタブを開いて、「返送済みのタイトル」と「返送済みループ」を設定します。

・タイトルとは、本文内の| RETURNED_TITLE | *に表示するテキストです

・ループとは、複数返品リクエストがあった際に商品ごとに繰り返す内容です。

基本的には、デフォルトで入力してある注文番号と商品名からご変更頂かなくて問題ございません。

7. 「発送済み」の返信メール


交換商品を発送した際に送信されます。

✉️送信されるタイミング

管理画面の返品リクエスト詳細画面で交換商品を「発送済みにする」をクリックした時

設定方法

①【本文】のタブで返送済みメール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【発送済み】【発送拒否】それぞれのタブを開いて、タイトルとループを設定します。

・タイトルとは、本文内の| SHIPPING_TITLE | *に表示するテキストです

・ループとは、複数返品リクエストがあった際に商品ごとに繰り返す内容です。

基本的には、デフォルトで入力してある注文番号と商品名からご変更頂かなくて問題ございません。

8. 「返金済」の返信メール


返金手続きが完了した際に送信されます。

✉️送信されるタイミング

管理画面の返品リクエスト詳細画面で「返金を完了する」をクリックした時

設定方法

①【本文】のタブで返送済みメール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【返金済み】のタブを開いて、タイトルとループを設定します。

・タイトルとは、本文内の| REFUND_TITLE | *に表示するテキストです

・ループとは、複数返品リクエストがあった際に商品ごとに繰り返す内容です。

基本的には、デフォルトで入力してある注文番号と商品名からご変更頂かなくて問題ございません。

9. 「集荷依頼受付」の返信メール


購入者が佐川急便の集荷依頼受付を完了した際に送信されます。

✉️送信されるタイミング

購入者が返品ポータル上で返送方法「集荷」を選択し、集荷依頼を完了した時

設定方法

①【本文】のタブで返送済みメール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【集荷依頼受付】のタブを開いて、返送先住所ごとに集荷依頼アイテム・集荷日時、住所を設定します。

基本的には、デフォルトで入力してある内容ご変更頂かなくて問題ございません。

返送先住所が1箇所の場合も、空欄にせずデフォルトテキストを入力した状態にしてください。

10. 「返送方法・注意事項」の返信メール


返送方法と注意事項をお知らせするメールです。

✉️送信されるタイミング

購入者が返品ポータル上で返送方法「カスタマー自身で返送」を選択し、返送方法を確定した時

設定方法

①【本文】のタブで返送済みメール全体の文章を作成してください。

左のタグ設置から、埋め込みたいタグをコピペしてご利用ください。

②【返送方法・注意事項】のタブを開いて、返送先住所ごとに返送方法・注意事項アイテム集荷依頼アイテム・住所・送料(住所1)を設定します。

基本的には、デフォルトで入力してある内容ご変更頂かなくて問題ございません。

返送先住所が1箇所の場合も、空欄にせずデフォルトテキストを入力した状態にしてください。

11.テストメール送信方法


各メールを確認したい場合は、確認したいメール設定画面を開き、右上のテストメール送信をクリックします。テストメールはログインしているユーザーのメールアドレス宛に届きます。

回答が見つかりましたか?