返送方法の設定を開きます


1. カスタマーご自身による返送


①カスタマーご自身による返送とは?

コンビニなどに持ち込んで購入者ご自身で返送していただく返送方法です。

②表示画面のカスタマイズ

返品商品後に送信されるメールに貼られているURLの遷移先である

返送方法選択画面に表示されるテキストを編集します。

2. 佐川急便集荷


①佐川急便集荷とは?

返送料が自社負担(着払い)の場合にご利用いただける佐川急便の集荷サービスです。

②集荷詳細設定

配送希望日を何日後まで選択できるかの設定です。

集荷希望日はシステム上翌日の選択ができないため、選択画面は翌々日から最長で指定できる配送希望日までの日数の中から選択できるようになります。

4. 返送先住所


返送先住所とは?

返品する商品を返送してもらう場所の住所です。

返品理由ごとに返送先住所を振り分ける場合、最大3箇所の住所を登録することができます。

例えば、サイズを変更したい、色を変更したいなどの顧客都合で再販可能な商品の返品は倉庫へ、不良品などの自社都合で再販できない商品の返品は自社へ送ってもらうというような使い方ができます。

②返送先住所の設定

配送先を3箇所まで設定できます。

2つ以上設定する場合はタブのペンマークからタイトルをわかりやすい名称に変更しておくとご利用いただきやすいです。

住所は、各項目に文字数の上限が設定されています。

・都道府県・市区町村(大文字のみ)

・住所(丁目・番地・大文字のみ)

・住所(その他・建物名・大文字のみ)

の3項目、それぞれ全角16字までです。

佐川急便のシステムで決まっている文字数制限となります。

建物名などが入り切らない場合は、都道府県・市区町村の欄から詰めて入力いただくなどでご対応くださいませ。

回答が見つかりましたか?