GTMタグの設定とは?

GTMタグの設定をいただくことで、クリック数や閲覧数など各種数値の計測が可能になります。

上記、青枠内にGTMタグを設定ください。

タグマネージャーの管理画面を開き、ホーム画面にある右上のGTM以降の番号をコピーしてください。

コピーした番号をカスタマイズ管理画面にご登録いただくことで設定は完了いたします。

タグマネージャーの設定方法

①ユニバーサルアナリティクスの場合

 ⑴タグの追加

 上記管理画面から新しいタグの追加が必要です。

 UA(V3)または、GA4どちらも使用している場合は2つタグの設定が必要です。

 ⑵タグの設定を選択

⑶ 対象のプラットフォームを選択

上記画面に遷移します。

 ⑷グーグルアナリティクスの設定

 トラッキングのタイプを選択し、

 グーグルアナリティクスの設定をクリック

対象となるグーグルアナリティクスの トラッキング IDをご入力ください。

※トラッキング ID は UA-XXXXX-X の形式での入力をお願いいたします。

⑸トリガーの設定

ご設定いただき、ページが戻りましたらトリガーの設定をします。

保存ボタンをクリックし、ワークスペースの追加がされますと設定は完了です。

②GA4の場合

ユニバーサルタグと⑴〜⑶までのステップは同一です。

対象のプラットフォームは、GA4設定を選択してください。

⑷測定IDの設定

対象のプラットフォームの、ウェブストリームの詳細→測定IDを設定してください。

保存し、トリガーを選択したら設定は完了です。

数値の確認方法

リアルタイムレポートでも確認できます。

Google Tag マネージャーにて、UA(GA3)とGA4の両方を設定している場合は両方で確認することが可能です。

月間の集計こちらはどちらでも見れますが、見え方違います。
UAはページビュー基準ですが、GA4はイベント基準(PV, Click, Scrollなど)になります。

回答が見つかりましたか?