1. 注文キャンセルのポリシーを設定する


設定メニューからキャンセル設定を選択します。

キャンセル機能ON/OFF

  • 注文キャンセル機能のON/OFFを設定します

一部商品のキャンセル

  • 複数商品を購入している場合、一部商品のみをキャンセルを受け付ける場合はON、一度すべてキャンセルしてもらう必要がある場合はOFFにしてください

API自動返金

  • APIから自動で返金処理

    • 購入時の決済方法がShopify paymentのお客様に対して、注文キャンセルを受け付けた時点で自動返金を行います。Shopify payment以外の決済方法のお客様に対しては、各決済方法ごとの返金手段で返金してください。

  • 管理画面で返金する

    • 自動では返金せずに管理画面上でキャンセル内容を確認し、返金します。

      購入時の決済方法がShopify paymentの場合はRecustomerの管理画面上で「返金」をすると、自動で返金処理が完了します。

      Shopify payment以外の決済方法のお客様に対しては各決済方法ごとの返金手段で返金してください。

キャンセル理由

  • 購入者がキャンセル申請をする際に選択するキャンセル理由を設定します

キャンセル時間設定

  • キャンセル可能時間に制限がある場合は、注文からの時間を設定します

キャンセル配送料の設定

  • 購入金額に配送料が含まれる場合の返金金額の条件を設定します

例:

・合計金額20,000円以上で送料無料(送料一律800円)

・一部注文キャンセル機能をONにしている

・一部商品をキャンセルし、残った商品の合計が20,000を下回る

→この条件下のときに返金金額から配送料を差し引いて返金する

このように設定すると、返金金額から送料の800円を差し引いた金額が返金されます。複数条件ある場合は条件ごとに作成してください。

回答が見つかりましたか?